草加市で家族葬をする方へ

草加市での家族葬とは

草加市での家族葬とはの写真

通夜と葬儀・告別式があり、通常の葬儀の流れや内容に大きな違いはありません。

実は、これは人によって捉え方が異なり、明確な定義はありません。家族が葬儀に参列する場合、親族や親しい友人までもが参列する場合など、参列者の人数は10人から50人までと多岐にわたります。家族葬をご依頼いただく際に大切なのは、参列者の範囲や形式ではなく、家族がなぜ家族葬を希望するのか、どのようにして故人を送りたいのか、ということだと考えています。

一般的に家族葬とは、家族や親族、特に故人に近い親しい友人だけが参列して行う小規模な葬儀のことをいいます。家族葬と通常の葬儀の明確な区別はありませんが、一般的には故人と親しい関係になかった近所の人や仕事関係者は参列できません。葬儀には通夜・告別式だけでなく、公営の葬儀や、宗教的な儀式を一切行わない葬儀、火葬だけの葬儀など、様々な種類がありますが、家族葬の場合は、葬儀の種類にもよりますが、家族葬の場合は、葬儀の種類にもよりますが、葬儀の種類にもよります。

家族葬は、規模が小さく、葬儀費用が安く、故人や遺族の意向を反映させやすいことから、近年増加傾向にあります。家族葬は一般の人が抱くイメージとあまり変わらないとも言えますが、それに対して密葬は一般の人が抱く家族葬のイメージとは大きく異なります。密葬とは、「他人に知らせずに密かに行う葬儀」ではなく、1ヶ月後に本葬を行うことを想定して事前に行う葬儀のことです。生前に大きな功績を残した人の場合、その人の葬儀には非常に多くの人が参列することが予想されます。そのような大規模な葬儀を行うには多くの準備が必要となるため、密葬の意味合いとしては、そのような大規模な葬儀の準備を行う前に、あらかじめ故人を火葬しておくということになります。そのため、密葬では、故人の家族や知人に通夜・葬儀・火葬を執り行い、後日、故人の遺影の前で葬儀や告別式を執り行うことになります。

密葬は後日、本葬と組み合わせて行うため、密葬だけであれば簡単かもしれませんが、本葬を含めると非常に大掛かりで費用がかかるケースが多いです。家族葬とは、家族や親族を中心に行われる小規模な葬儀の総称です。家族葬自体に明確な定義はありません。直系尊属(子供や孫)が10名以下で参列する家族葬も珍しくありませんし、近親者(故人の兄弟姉妹や遺族全般)を含めて50名近くの参列者を募る家族葬もあります。また、家族葬だからといって、それ以外の人が参列してはいけないというわけではありません。例えば、故人の家族や親族ではなかったご近所の方や、故人の生前に親しくしていた方などが参列されることもあります。

草加市で評判の葬儀社はグランドセレモニー