草加市で家族葬をする方へ

草加市の家族葬の流れ

草加市の家族葬の流れの写真

家族葬といっても、基本的な流れは通常のお葬式と同じです。

例えば、仏式葬の場合は、通夜を行い、翌日に葬儀・告別式を行い、その後火葬するという流れになります。家族葬の流れは、一般的なお葬式の流れと変わりません。お通夜が行われ、翌日に葬儀・告別式が行われます。地域によって、葬儀・告別式の前に出棺する場合(火葬前)と、葬儀・告別式の後に出棺する場合(火葬後)がありますが、それぞれの地域の風習に沿って行うのが一般的です。家族葬の流れは、一般的な葬儀の流れと変わりません。お通夜があり、翌日に葬儀・告別式が行われます。地域によって、葬儀・告別式の前に出棺・火葬を行う場合(火葬前)と、葬儀・告別式の後に出棺・火葬を行う場合(火葬後)がありますが、それぞれの地域の慣習に従うのが一般的です。医師の診断で故人の死亡が判明したら、できるだけ早く葬儀社に連絡して故人を迎え入れてもらうようにしましょう。葬儀社への連絡は、電話で行うのが一般的です。葬儀社が寝台車で故人を迎えに来ます。寝台車は、病院からご自宅または葬儀社の霊安室(安置場所)まで故人を搬送します。安置する場所は、自宅か葬儀社や火葬場などの霊安室施設になります。家族葬を希望する人の中には、近所の人に知られたくないという人もいます。その場合は、霊安室施設を利用することができます。故人が安置されたら、家族が故人にお線香をあげます。家族と葬儀社との打ち合わせを行い、家族葬の日程や場所、喪主の決定、祭壇や棺など必要なものやサービスを決定します。また、お寺の住職がいる場合には連絡を取り、日程を決めていきます。葬儀社との打ち合わせを行い、葬儀の準備を行います。日時や場所の決定、お寺の手配、葬儀プランの決定、葬儀の流れの確認など、様々なことを行います。打ち合わせの際に死亡届の記入も行いますが、死亡届の提出や火葬場の利用は葬儀社が代行してくれるのが一般的です。温水浴(または略湯浴)を行います。その後、故人の死後の世界への旅立ちの準備をし、ご遺体を棺に納めます。湯灌(ゆくばい)とは、在宅介護で使われるような浴槽で、故人の遺体を洗って清めるものです。略称「湯灌」とは、実際に体を洗うのではなく、湿らせたタオルやアルコール吸収性のある綿で体を拭く方法です。お寺でお経が読まれ、家族や親族が焼香します。通夜の儀式が終わると、通夜食と呼ばれる飲食の時間になります。葬儀の日時や場所が決まったら、できるだけ早く参列希望者に連絡しましょう。また、会社や学校など、死別を依頼しなければならない人には、家族葬を行うために出席を辞退する旨をきちんと伝えておきましょう。通夜の前に出棺を行いましょう。親しい家族や親族が集まり、故人の遺体を清めてから出棺します。