草加市で家族葬をする方へ

草加市の家族葬の作法

草加市の家族葬の作法の写真

社員の親が亡くなった場合は、代表者が一定の金額を集めてお通夜に行くように」「花は社長の名前で注文するように」など、会社ごとにルールを決めていることもあるでしょう。

しかし、故人の家族が通夜への出席を断ったり、薬味や供花を注文したりすることも珍しくありません。担当者は、トラブルに巻き込まれる前に、担当の社員に確認しておく必要があります。葬儀前は慌ただしいので、一度の電話ですべての詳細を伝えるのがポイントです。近所の方が亡くなり、家族葬になった場合は、しきたりに従おうとせず、喪主に確認するようにしましょう。そもそも交流がないのであればあまり問題にはなりませんが、地域によっては葬儀の際に参列や香典、補助などの取り決めがある場合もあります。しかし、家族葬の場合は、近隣の方の多くが参列やお手伝いをしない可能性が高く、香典は辞退される可能性があります。近隣の代表者と喪主との打ち合わせを行い、各家庭に段取りを伝える必要があります。家族葬の基本姿勢は、伝統的な形式にとらわれず、シンプルで小規模な葬儀を行うこと、マナーよりも故人の意思に従うことを優先することです。とはいえ、家族葬だからこそ守らなければならないマナーがあります。一般的に家族葬に参列できるのは、直系尊属、故人の子供の家族、故人の配偶者の家族、故人の兄弟姉妹に限られます。二親等までの親族、二親等以外の同居の親族は通常参列することができます。会社とのやりとりや報告の際には、近親者のみで葬儀を行うこと、弔電・弔電・花束・香典は辞退することを伝えましょう。家族葬は「家族だけの最後のお別れ」です。家族葬では、親族のみの参列であれば弔慰金を辞退するケースが増えています。弔慰金を受け取ると受付の人が対応しなければならず、葬儀後に返すのが負担になるからです。香典を辞退したい場合は、故人が亡くなったことを知らせる死亡記事に香典を辞退する旨を記載します。弔慰金を辞退する理由は「故人の意向」であることを記載することで、家族の意向ではないことを伝えることができます。また、お悔やみ状を送った後に再度電話をして、辞退の理由を伝えるのも良いでしょう。