草加市で家族葬をする方へ

草加市の家族葬の特性

草加市の家族葬の特性の写真

近年では、家族葬の後にお別れ会を行うケースが増えています。

お別れの会は、遺族だけでなく故人の友人も参加して開催するケースが多く、会場や演出も葬儀に比べて自由度が高いのが特徴です。一般的に「家族葬」とは、上記のように故人の環境や背景にもよりますが、少人数の参列者で行う葬儀のことを指します。密葬は家族葬とは異なります。社葬や告別式など、一般の方に向けて式を行う場合、故人の遺族や親族などと事前に打ち合わせをして行うのが「密葬」です。密葬」と一言で言っても、その種類は多岐にわたります。密葬の際には火葬を行うため、社葬・告別式はその後に納骨式として行われることが多いです。家族葬の流れは通常のお葬式と同じです。通常のお葬式との違いは、親族や親しい友人だけが参列する小規模なものです。喪主は参列したい人に連絡を取り、家族葬の内容を決め、当日は滞りなく進行します。参列者への挨拶も重要な役割です。最近の葬儀社では様々な葬儀プランを用意しているので、参考にしてみると良いでしょう。火葬式と一日葬はどちらも新しいスタイルなので、それぞれの流れや「何をして何をしてはいけないのか」という部分をしっかりと把握しておく必要があります。式の内容を十分に理解せずに火葬だけを行った人の中には、「お見送りをしたという実感が湧かなかった」という声や、「葬儀の内容を伝えなかったことで関係者に怒られた」という声もありました。できるだけ事前に葬儀社に相談して、費用だけではなく、どのような内容になるのかをしっかりと理解しておきましょう。また、火葬式や一日葬を選択される方の中には、儀式を省いているのでどこの葬儀社でも同じだろうと思っている方もいるかもしれませんが、これは間違った認識かもしれません。宗教的な儀式をしない、あるいは最低限にとどめると決めたとしても、葬儀社のサポートが必要になります。葬儀社の質は、遺体の扱いや対応の良さに反映されます。お通夜」や「告別式」を含む一般的な葬儀プランを「家族葬(私葬)」や「一般葬」と呼びます。また、故人の家族や親族、親しい友人などを招いて葬儀を行う場合は「家族葬(私葬)」と呼ばれます。家族葬の方が安い」「一般葬の方が難しそうだ」と考えるのではなく、家族葬と一般葬の両方のメリット・デメリットを理解した上で家族葬を選ぶことが大切です。