草加市で家族葬をする方へ

草加市の家族葬の範囲

草加市の家族葬の範囲の写真

家族葬だから、本当に家族だけで行わなければならないと思っている人も多いでしょう。

しかし、前述したように家族葬には明確な定義がなく、参列できる人数にも制限がありません。もちろん、故人と親しかった親族や友人が葬儀に参列しても構いません。大切な人をどのように葬儀に参列させたいかを重視して、どの範囲の人を参列させたいのかを決めておくと良いでしょう。一般的な葬儀の場合、親族に知らせる範囲は二親等以内の血縁者が一般的です。しかし、家族葬の場合、呼ぶ人の範囲は決まっていません。家族葬の範囲は、招待する遺族の考え方によって異なります。家族葬は通常の葬儀よりも規模が小さいと思われがちですが、葬儀の規模や参列できる人数に制限はありません。家族や故人が参列する人数を事前に決めておくことができる葬儀のスタイルです。家族葬で一番困るのは、連絡すべきかどうか迷っている人がいる場合です。その判断基準は、故人が最期に会いたいと思っているかどうかです。それでも連絡すべきかどうか迷っている場合は、電話で連絡することをおすすめします。相手が親族であれば、後になって「なぜ自分だけ葬儀に呼ばれなかったのか」と聞かれる可能性があります。また、お悔やみの気持ちを伝えるために自宅を訪問してくれる可能性もあります。連絡をしなかった理由をきちんと説明する自信がない場合や、弔問対応に時間をかけられない場合は、電話で連絡するのが賢明です。家族葬のメリットはたくさんありますが、実際に行う際にはいくつか注意しておきたい点があります。故人の兄弟姉妹に知らせておくのが無難です。また、年賀状などで親しい友人の存在を確認しておくと良いでしょう。少ない人数で伝えることで、親しい人への呼びかけを忘れないようにすることができます。参列者が多くなりそうな場合は、一般葬を選んだ方が良いかもしれません。目安として50人以上になる場合は「一般葬」となります。葬儀に参列できなくて後悔する人が出ないように配慮する必要があります。家族に内緒で家族葬を行う場合は、故人と親しい人には、故人が亡くなった事情を説明した挨拶状を出して理解を得るようにしましょう。また、葬儀の数日後に弔問に訪れる人もいますので、急な来客にも対応できるように、葬儀の返礼品を自宅に用意しておくと良いでしょう。