草加市で家族葬をする方へ

草加市の家族葬の相場

草加市の家族葬の相場の写真

ほとんどの自治体では、故人とその扶養家族が国民健康保険や後期高齢者医療保険に加入していた場合、1万円から7万円の葬儀費用給付金を受け取ることができます。

また、故人と同居していた家族が喪主となります。葬儀費用給付金を受け取るためには、各自治体が定めた期間内に役所に申請し、申請書を通す必要があります。ただし、故人が会社の健康保険や国民健康保険組合(協会けんぽ)に加入していた場合は対象外ですが、この場合は別途、埋葬料という給付金を受け取ることができます。参列者が多い式場であればあるほど、料理や返礼品などの準備が必要になり、葬儀全体の費用は高額になります。そのため、家族葬は非常に費用対効果が高いと思っている人もいるかもしれません。しかし、必ずしもそうではありません。なぜなら、参列者の数が減ると受け取れる金額が減ってしまうからです。また、参列者数が減っても、葬儀場の使用料や祭壇の装飾費、車両関係の費用などは大きく変わりません。本質的には、家族葬と通常の葬儀とでは、儀式の順序や葬儀の流れに大きな違いはありません。ただし、家族葬の方が通常の葬儀よりも参列者が少ないため、式場や祭壇がコンパクトになり、スタッフなどの人件費を節約することができます。また、飲食代や返礼品などの費用も抑えることができるため、家族葬全体の費用を通常の葬儀に比べて約3割程度抑えることができるのが一般的です。しかし、家族葬は通常の葬儀に比べて参列者が少ないため、費用が安くなる代わりに受け取る香典の総額も少なくなってしまいます。そのため、どのような葬儀を選ぶかによっては、一般的な葬儀よりも家族葬の方が遺族や喪主の負担が大きくなることもあるので注意が必要です。