草加市で家族葬をする方へ

草加市の家族葬の注意点

草加市の家族葬の注意点の写真

家族葬を行う際には、いくつかの注意点があります。

故人に家族が理解できないような人脈や人徳があった場合や、家族葬後に故人を愛していた人が故人の自宅を訪れ、お悔やみの言葉などを伝えたいという人が出てくることがあり、その対応に家族は苦労することになります。また、家族に死亡を知らせることができる人や葬儀に参列できる人を限定しているため、「なぜ葬儀に参列させてもらえなかったのか!」と遺族が疑問に思うこともあるでしょう。家族葬の前に知らせておけばよかった...」と悔しい思いをする人もいるかもしれません。家族葬を行う前に、葬儀後のことを考え、伝えるべき情報の範囲をよく考えてから行うことをおすすめします。家族葬のトラブルで最も多いのが、故人の親族や友人とのトラブルです。このようなトラブルには、以下のようなものがあります。「同じ友人のXさんが葬儀に参列したのに、知らされていなかった」「XさんがXさんを招待しなかったなんてとんでもない!」などです。これは後々のトラブルにつながりかねません。親族や親しい友人に事情を説明し、理解してもらうことをおすすめします。また、葬儀に参列しなかった人が、葬儀後にお悔やみに来てくれる可能性もありますし、その場合は個別に対応する必要があります。もちろん、故人や遺族の意向に沿った葬儀を行いたいものです。しかし同時に、葬儀はご遺族以外の方々の「最後のお別れの儀式」でもあります。そういった方々に失礼のないように、配慮が足りないということがないようにしたいものです。また、家族葬に出席できなかった人のために、葬儀後に「お別れ会」や「偲ぶ会」を開いて、故人とのお別れの場を作ることもできます。家族葬の方が費用は安く済むことが多いですが、葬儀の規模によっては通常のお葬式と同じくらいの費用がかかることもあります。香典を辞退すると裏目に出てしまい、持ち出し費用が高くなってしまう可能性があることを頭に入れておきましょう。また、葬儀プランやサービスの内容にも注意が必要です。家族葬のプランはシンプルなものが多いため、必要なものが含まれていなかったということを見落としがちです。葬儀会社に申し込む前に、必ず見積もりを取り、プランの内容や内訳を確認するようにしましょう。葬儀予告の範囲に線引きをしてしまうことで、家族葬で起こりうる注意点や落とし穴があります。故人の年齢や勤務先にもよりますが、家族が知らない人脈がある場合、家族葬が終わった後に、故人の大切な人が次々と自宅に弔問に来てくれて対応しなければならなかったという話を聞いたことがあります。家族葬を行う前には、後々のことも考えて、告知の範囲をよく考えてから行うことをおすすめします。家族葬は費用が安い式場と思われがちですが、必ずしもそうではありません。