草加市で家族葬をする方へ

草加市の家族葬の短所

草加市の家族葬の短所の写真

家族葬のデメリットとしては、親族に恨みを伝えないことや、友人・知人が勝手に自宅にお見舞いに来る可能性があることなどが挙げられます。

自宅で家族葬を計画していても、故人が亡くなったというニュースをきっかけに、多くの人が葬儀に参列することになります。葬儀場の席が足りないなど、参列者に失礼になるような予期せぬ事態が発生する可能性があります。通常のお葬式の場合は、追加費用が発生するのが一般的です。これらには以下のようなものがあります。 出席者が限られているため、返却が必要なものが不足している場合や、緊急時の対応が必要な場合があります。家族だけで行うため、家族以外の人からは「別れたい」「誰も求めていない」と言われてしまうことがあります。また、後日部外者が多数訪れることになりますので、当面は自宅で対応することになるかもしれません。しかし、デメリットとして見るのではなく、対応を先読みすることが大切です。最後の最後に親族に来てもらうためには、必死になって見ておく必要があるかもしれません。また、周りの人のことを知らないというデメリットもあります。人によっては古風で、家族葬を理解していない人もいるかもしれません。そのような方のために、自宅葬の是非を説明しましょう。故人が高齢で知り合いが少なかった場合や、小さなお葬式を希望していた場合には、その点も理解してもらうと良いかもしれません。小さな家族葬は寂しい、故人に失礼だと思って嫌がる人もいるので、家族葬の大切さを丁寧に説明しましょう。葬儀の際に家族葬がありますとアナウンスしても、葬儀に参列する意思のない人は参列を主張してくるかもしれません。家族葬に参加する人数には限りがあるため、葬儀後にご自宅にお越しになる方が多いかもしれません。知らせないことで叱られることもあります。自宅葬の方が費用は安くなりますが、参列できる人数が限られているため、お渡しする香典の総額は通常のお葬式よりも少なくなります。その結果、通常のお葬式よりも多くの費用が必要になる場合があります。近年では自宅葬が一般的になってきましたが、普通のお葬式以外はおかしいと思っている人も一定数います。また、葬儀に呼ばれなかったことで動揺する人もいるでしょうし、後々トラブルにならない保証はありません。そのため、家族葬については、事前に十分な説明とアドバイスが必要です。家族葬は家族だけで行うため、故人と親しくしていた人だけが参列することができます。そのため、葬儀に参列できない方は、故人の自宅にお参りに行くことも珍しくありません。そのため、ご遺族一人一人との時間が増え、葬儀後のご遺族の負担が増えてしまいます。通常の葬儀に比べて家族葬に参列する人が少ないため、報酬として受け取ることができる金額が少なくなっています。特別なお葬式は、通常のお葬式よりも高額になるのが普通です。家族葬では参列者が限られているため、葬儀後の慌ただしさの中で参列できない人が自宅に来てしまい、対応しなければならないこともあります。しかし、葬儀後の繁忙期には、まだ多くの手続きが残っており、毎日違う人が交代で老人ホームを訪れ、香典を供養しています。被害者の中には、葬儀で故人に敬意を払えばよかったと後悔している人もいます。この場合、故人が若くして会社の現役社員であったとしても、故人が現役を引退していたとしても、例えば教師をしていて生徒が多く、会社に勤めていたなどの場合には、別れを告げることができます。しかし、尊敬していた後輩や仕事仲間、取引先の中には、人生の最後に別れを告げたいと思っている人もいるでしょう。また、葬儀に呼ばれないことで、遺族に軽んじられているという印象を与えてしまい、今後の良好な関係を築くことが難しくなってしまうこともあります。最後のお別れもしたいので、家族葬をしたことを後悔しているという人もいます。